羽繕いの時小さな血の塊が落ちてきた、慌てて動物病院に行った話

病院に行った記録

最終更新日:2021.09.21 [火] 公開日:2021.05.30 [日] 

タイトルのまんまなのですが、小雪がいつものように羽繕いをしてたら、ポロポロっと、黒い粉が落ちてきました。
ん?!と思ってみたらどうやら瘡蓋っぽいような、血の塊のような・・・と言っても大きさ的には0.1mmくらいじゃないかって大きさなんです。

落ちてきた黒い粉とストロー状のもの

最初はなんかシードの皮かゴミか?くらいに思っていたのですが・・・。
明らかに黒い粒々が落ちてくるのです。
そして時には若干赤いものも・・・

これ、出血なのでは?

動揺しました・・・。
絶対これは血液。
よくみてみると、胸のところと、お尻のところを羽繕いした時に、黒い粒、或いは赤い粒が落ちてきました。

さらにじっと見てると、羽の付け根に黒い部分がある箇所を発見!!
そして、羽が生えてきた時にコーティングしてるっぽい筒状のみたいなのがぽろりと落ちてきて、そこにも赤いものが混じっていました。

その赤黒いものを顕微鏡(おもちゃ)でみてみましたところ、こういう感じでした。

この形状見たことある。

換羽の時に、羽繕いしたら落ちてくる脂粉にこんな形があった気がする!

絶対これは新しく生えてきた羽の一部が傷ついたんだと思う。

明らかに羽の軸の一部に血液が・・・・!!

これは病院に持っていこう!ってことで持っていきました。

こういう時、必ず持っていった方がいいです。
病院で電子顕微鏡で羽の成長具合含めてしっかり観察してくれるので。

動物病院へ(落ちてきた赤黒い粉も持ち込み)

抜けた羽を電子顕微鏡で見てくださいました。

羽の成長も問題なく、おそらく羽が生えてきてる段階で羽繕いで傷つけてしまっただけのようでした。

羽って、最初は羽の前段階のものが皮膚の下にあるそうです。
それが成長して少しずつ皮膚の上に出てきます。
ある段階まで成長したら羽鞘になり、そこから羽が育ってきます。

でも羽鞘にはまだ血液が通っている。この段階で羽繕い中に、ちょっとだけ傷つけちゃって、軽く出血。

ということらしいです。
顕微鏡で見て、羽の成長がおかしかったりしたら心配だけど、羽の成長も正常だし、心配しなくていいそうです。
そしてもう抜けてしまってるので出血も大丈夫で、また2週間もすれば同じ場所から羽の再生が始まるようです。

大切なのはこういう時に羽自体が生協しっかりしているかということだったようです。

こういう時、抜けた羽は必ず持っていきましょう!!!

大切な診察の材料となります。

ということで、安心して帰ってきた飼い主です。

本当にヒヤヒヤしました・・・

病院行ってよかった・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA