くしゃみをしていたので病院に&換羽後の日常

小雪日記, 病院に行った記録

最終更新日:2021.09.27 [月] 公開日:2021.09.21 [火] 

換羽中からたまにあったのですが、小雪、くしゃみするんですよね・・・

文鳥のくしゃみってめっちゃくちゃ小さくて、紙と紙がこすれたような、しゅ!という、すんっごい小さな音なのです。

なぜ気づいたかというと、換羽中でいつも以上に様子を見てるからなんです。

別に鼻水が出るわけでもない。でも、一度それがくしゃみと気づいてしまったら、もしや風邪ひいたのでは?!と、心配性の飼い主は気が気じゃありません。

そっこー病院です。

異常なしでした、ついでに爪切ってもらいました

何にもありませんでした。健康そのもののようでした。

結局くしゃみがなんなのかわからないけど・・

念の為、2週間分お薬いただいてきました。

呼吸の音も綺麗だし、そのうも、うんちも、全部とってもクリーンでした。

体重もベスト体重のようです(朝25g、夜26g)

まあ、換羽も終えて(結構激しい換羽でした)、一度この辺りで定期的な健康診断を・・・って思っていたので、タイミング的に病院行ってよかったです。

爪も切ってもらえたし。自宅で爪、きれないから。保定下手くそすぎて、ガブ!ってやられるからね。

ちなみに、雛換羽の時も少し体調崩したことがあるので、換羽前後はどうも神経質になってしまいます。

換羽が終わってその後

どうでしょう・・・見ての通りふわふわもちもち。どうしてこんなに可愛いのでしょうかねえ・・・

この溢れる腹毛のしたから、チラッと見える爪一本がもう、たまんねえぜ。可愛すぎ。

換羽中はしょっちゅうキャルキャルしてましたが、どうやらそれも落ち着いたようで。

食欲も復活。ちょっと食べ過ぎでは?体重大丈夫でしょうね?
と心配になることも・・・

羽繕いの様子。あんなにおハゲだったのに、見事にふわふわです。そして可愛すぎて連写状態の写真選べないので全部載せるという暴挙に出ます。あーかわいいかわいい。どうしてそんなに可愛いんですか?

換羽が終わってふわふわに戻った小雪。

初めての秋を迎えました!

心配性の飼い主は、すでに発情を怯え始めた今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA