文鳥小雪の換羽記録@2022春

換羽記録

最終更新日:2022.05.05 [木] 公開日:2022.05.02 [月] 

小雪のこの春の換羽を振り返ってみようと思います。雛換羽を含めたら小雪にとって3回目の換羽。
軽めか?と思いきや、なかなかに顔まわりがヘビーでした。

【換羽の始まり】3月上旬〜、尾羽・風切羽らしき大きな羽がたまに抜ける

尾羽らしき大きな羽がちらほら抜け始めました。レモン文鳥になれる?と見守ってましたが、時間差で抜けたため、レイヤー風になりました🐥

また、羽繕いの時に風切羽も抜けるように。

この頃はまだ小さな羽はちらほら程度にしか抜けてなくて、大きな羽が抜ける感じ

この大きな羽が抜けると、「お宝ーー!!」とテンション上がるのは文鳥飼いあるあるですよね🤣

まだこの頃は見た目の変化もそうなくて、特にしんどそうな様子もなく、ただ大きな羽が抜けるだけ。体重も食欲も変化なし。

換羽と呼んで良いのか?くらいの感じでした。

【本格的に換羽】3月下旬〜、小さな羽が大量に抜け始める

3月下旬になる頃にはケージの下に小さな羽がたくさん落ちるようになりました

また、羽繕いのたびに大量に粉が落ち始めるように。新しい羽が中で生えてきてるのを発見!!
(その割には見た目はそんなに変化なし。)

風切り羽がかなり抜けていたので、サイドがうっすら地肌が見えるようになったものの、その程度。

去年の夏の換羽に比べると軽くて、春は部分換羽で軽めかな〜くらいに思っていました。

【ご飯事情】高栄養を少し混ぜ始める

体調的な変化は全然見られないけど、新しい羽がたくさん生えてきてるので体力的なものを考えて、ご飯を換羽時期に合わせたものを取り入れ始めました

小雪はこの時期、なぜか最近ハリソンを全然食べなくなってしまっていたので(換羽後半は爆食するようになるけど)、ラウディブッシュのブリーダーを購入。

左の写真の白っぽいのがブリーダーです。

濃い色の方が通常のラウディブッシュ。まだ換羽としてはかなり軽いので少しブレンドするところから。

★このラウディブッシュのブリーダーについては以下の記事で。

【食欲・体重・ごきげんの変化】

食欲も体調も変化なし。ご機嫌が悪くなることもなし。

【換羽本番】4月上旬、抜けっぷりが半端ない!抜けまくる!

4月上旬、猛烈に抜け始めました。羽繕いのたびに、小雪の下に大量の粉と小さな羽がごっそり溜まる

ケージの下はもちろん、家中にも小雪の羽が・・・空気清浄機マックスにしないと!

小雪、ちょっと元気がなくなり始めました。換羽のピークが始まる予感。

軽めと思ったけど甘かったか!

部分換羽じゃなくて全身換羽だったか・・・と4月上旬に気付く。

【ご飯事情】高タンパクと通常を半々くらいに

抜け方がハンパなくなってきたので、通常のラウディと高タンパクのラウディのブリーダーを半々くらいの割合にし始めました。食べる量が増えてきたけど、その割に体重が落ちる。これからピークが始まる予感がします。

【食欲・体重・ごきげんの変化】

うとうと寝て過ごすことが増えてきました。明らかにだるそう。

ごきげんもかなり悪いことも多く・・・その割には離れることをとても嫌がり(元々甘えん坊だけど)、常にくっついて寝てる状態。

アイリングの色も薄くなってきました。

食欲はかなりあるのに体重は減少。普段は24.5前後ある体重が23.5くらいになっていました

普段あんなに大好きなパートナー次女が近づいてもギャルギャル怒りまくる🤣

この時期は、とにかく静かにひたすら居心地を重視してくれる旦那のそばにばかりくっつき始めました。(次女ジェラシー)

また、水浴びも拒否することが出てきました。

【4月中旬】ピークスタート、顔まわりがすごい!

今回の換羽はとにかく首から上が一気に抜けて一気に生えました💦

上記、写真一部持ってきて並べてみました。

お顔はなんかもうツクツクすぎて🤣一気に突然ツクツクになりました。

時間的には10日間くらいの間に突然一気に首から上が抜けて、一気に生えてきた感じ。
この10日間は心配になるくらい顔色(嘴の色とアイリング)は薄く、常に寝てました・・・

【ご飯事情】高タンパク70%くらいに

とにかく食欲がすごすぎて、通常通りの量だと足りなくて餌入れに入って、キャンキャン叫ぶように🤣
そして通常通りだと体重が減るので、体重見ながらご飯の調整していたのですが、通常時の1.5倍くらいは食べないと体重をキープできないのです。

割合的には70%くらいはブリーダーにして、残り30%をラウディの通常ではなくて、ハリソンのアダルトライフにしました。

じゃないと・・・貪り食いすぎるのです😭

ラウディは通常のもブリーダーもお好みすぎて、入れるとそっこー爆食。早すぎる!!

もうちょっとゆっくり食べて欲しいので、そこまで爆食しないハリソンをあえて入れたんです。

・・・が、うん、関係なかったわ。ハリソンも爆食。もう種類関係ない。何でも爆食。

小雪は、餌入れに入って「ご飯くれ!!」をアピールすることを覚えた。

【食欲・体重・ごきげんの変化】

食欲は未だかつて見たことないほどの食欲でした。前回の換羽はあまり食べなかったので・・・

こんなに食べまくる小雪は初めてです。

体重は油断すると減るので、かなり神経質に調整。ご飯を1.5倍食べればキープ。

ごきげんはすこぶる悪い&超神経質&甘えん坊。

大好きなパートナーにもキャルキャル切れるほどの不機嫌(パートナーにキレるところ見たことないからびっくり)。いよいよこれはパートナー次女と破局して、安らぎをくれる旦那が新しいパートナーか?!と思うほど旦那べったり・・・・

小雪は水浴びの時間が決まっていて、その時間になると自ら水浴びのところに行くのですが、この時期は、自分から行かなかったり、あまり気が進まない日も見られました。

【4月下旬】突然換羽終了→生活も突然戻る

まさに4〜5日前、4月26日くらいからほとんど抜けなくなりました。お顔のツクツクも自然と開いてきて、顔色も突然よくなり、小雪のご機嫌なども含めて突然スパンと換羽終了。

動きも活発になり、食欲はまあまだ結構爆食してますが・・・でも食べる量的には通常通りになりつつあります。

体重は24.5くらいをキープ。換羽前と同じ体重です。

ご飯は抜けるのが止まったその日から通常に戻しました。

何よりの変化は、突然また次女にベッタリに戻りました!
本当にわかりやすく、声色変えて次女を追いかけ回し、次女にベッタリ。これは羽が抜けるのが止まってすぐです。

水浴びも定刻にするようになりました。これも羽の抜けが止まってすぐ。

本当に不思議です・・・文鳥さんってすごいなあ。

でもつまり、こうなったってことは、発情をする可能性もあるわけで、またこれはこれで従来通り気をつけた生活を続けます。

尾羽が抜け始めてからでカウントすると2ヶ月弱の換羽でしたが、顔まわり以外は軽めで、首から上が抜け始めたからが本番って感じがして、体感的に今回の換羽は2週間程度に感じました・・・

首から上がピークの時が本当にキツそうでした。

一気に抜けまくって一気に生えたので、しんどい時間はとても短かかったと思うけど、あまりにもアイリングも嘴も薄くなるので心配で仕方がなかった・・・

換羽中は寝てばかりだし、活発さはなくなり、機嫌も悪く、そのくせにベッタリ甘えん坊で離れたがらず、いつも以上に神経質に。

そんな感じでした。

この写真は3日前のもので、もうすっかりお顔が戻りつつあり、パートナー次女に常にベッタリです🤣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA